正社員就職をしたいニートの履歴書の書き方の注意点

現在ニートの人が正社員就職を目指して面接に行く時、履歴書はどの様に書いたら良いのかと頭を悩ませる人も少なくありません。履歴書は今までの自分を凝縮した自己紹介書の様なものです。中高年の中にはニートという言葉に良い印象を持っていない人も少なくありませんので、面接する人が中高年だった場合、職歴欄が空白だと長く働いて貰えるのかと不安を持つ人もいるでしょう。

 

しかし、就職をしたいのであれば嘘を書く事は許されませんので、現在働いていなくても、過去のアルバイト経験等があればそれを記入しましょう。その他、趣味や資格の欄も書ける部分は全て記入します。それを記入する事により自分の事をより理解して貰う事が出来ますし、空欄よりも印象が良いです。また下手でも良いので丁寧な字で書く事が大切です。

 

写真はスナップ写真を切り取ったりせず、証明写真で撮影した物を使用し、他の会社で使用してしわくちゃになってしまった様な履歴書を使いまわさない様に気をつけましょう。

 

また、大切なのは過去ではなく、これから先、正社員として就職してきちんと働く意思があるという事を相手に伝える事です。面接の時には自己アピールする場は沢山あります。ハキハキとした受け答えやどうして就職をしたいのかというはっきりとした理由などがきちんと答えられて相手の方に良い印象を与える事が出来れば現在ニートだとしても採用してみようという気持ちに傾いてくる可能性はかなりあります。"


このページの先頭へ戻る