ニートの人は20代のうちに正社員への就職を目指そう

学生の就職難が社会的問題となってから、すでに数年が経過しています。
この間、政府はさまざまな雇用対策を打ち出してきましたが、その場限りの付け焼刃的な政策が多く、問題の抜本的な解決には至っていないのが現状です。こうした政府の失策のおかげで、この国の行く末に悲観的な見方をしている若い人は残念ながら大勢います。

 

また、就職活動に苦労している先輩を見るうちに、仕事に対する夢やあこがれを失ってしまう人も多いでしょう。何社もの採用面接を受けて、そのたびに不合格の通知を受けては、自分に対する自信を失ってしまいますし、企業や社会に対する不信感も募ってきます。どんな国であっても、若者を大切にしない国に未来はありません。しかし、今のこの国は、前途ある若者の未来を閉ざし、働いて生計を立てる手段を与えてくれないのです。このような状況では、真面目に仕事を探す方がばかばかしいと考えるのも当然のことでしょう。

 

しかし、一生をニートで過ごすというのは、あまりにも無謀な考え方です。若いうちは健康ですし、生活にもお金がかかりませんが、年を取るにつれて、家族を持ったり健康を損ねたりすると、生活費の負担が大きくなります。ニートとして生きることが許されるのは、せいぜい20代の独身の時だけです。また、ニートの期間が長引くほど、正社員としての採用が難しくなります。30代を過ぎて業務経験のない人は、正社員として雇用される可能性がほとんどないので、20代のうちに正社員としての就職を目指しましょう。

 

ニートが就職するための支援を行っているのが転職エージェントです。正社員になりたい20代、30代が良く利用している無料で利用できるサイトとなります。詳しくはTOPページで確認できます。

20代ニートの就職支援

 


このページの先頭へ戻る