ニートに就職には仕事選びも大切

自分の適性や能力を踏まえて仕事を選択することは、非常に大事なことといえます。販売や営業の仕事には、初対面の人とでも和やかに話せることが大事です。人と話すのが苦手で、初対面の人とは思うように話せないという人には営業に仕事の適性は無いというものです。適性の有無だけで仕事を選択するものではありませんが、一つの参考意見にはなるでしょう。勘違いしてはいけないのは、仕事の適性を最優先してはいけないと言う事です。大学の就職セミナーでは、適性試験を受けて仕事を選ぶようにという話をされることがあります。しかし、適性検査で出た結果をうのみにして仕事を選ぶことが、正しい選択とは限りません。あなたは経理に適性がありますと、ある適性検査で出たとしましょう。自分ではあまり経理など好きではないし、そもそも数字をいろいろとやるのは好きではないとします。たとえ適性があると判断されても、最終的には自分の意思で選ぶべき仕事を決めるべきでしょう。勿論チャレンジしてみたいと言う人がいればよいことだと思います。なりたい仕事を選ぶ時には、適性検査は参考意見にはなりますが、決定的な強制力を持っているものでは決してありません。

仕事の適性と検査

適性検査の結果を根拠にして、自分の仕事を選ぶというやり方が浸透しつつあります。仕事との相性を簡単な質問でチェックするものが、適性検査といいます。企業によっては人材を選考する際の採用基準にしているケースが多いといいます。企業によっては、1次試験や面接を受ける時に、適性試験を同時に受けるというところもあります。会社が人選する場合に使われるだけでなく、自分の仕事に対する適性を見るために適性検査を受ける事もできます。仕事を選ぶ時に適性検査を受けることで、自分にはどういった仕事が向いているかを判断できます。せっかく会社に採用が決まっても、数カ月たつと仕事が肌に合わないからと辞めてしまうという人もいるようです。仕事についてみて、初めて自分にはこの仕事の仕事と適性がないことに気づき、精神的に追いつめられる人もいます。適性があると思ったのに自分の特性を活かせないといった話はよく聞くことでは無いでしょうか。仕事と自分が合わないと感じる理由は、自分の適性を正しく把握していなかったために仕事と合わなかったなどがあります。仕事の適性検査によってこのタイプの仕事が合っている言われたから職業に就くというのでは無く、自分の性格や能力などを確認する為に適性検査を利用するべきです。まずは適性検査を受けて、その結果を確認してみることです。その上で、この仕事についた自分を想像してみたり、どんな将来像を描いていきたいかを決めることが大事であるといえるでしょう。

仕事探しのための自己分析

どのように仕事探しのための自己分析をするべきなのでしょう。採用面接時の自己アピールのために必要なのが自己分析なのですが、それだけに限らず自分にとってベストな仕事探しの指標にもなるものです。自分は何のために働くのか、どんな職業なら自分らしさが生かせるのかについて、自分の考えを整理することが自己分析です。名の知れた企業だから、人が羨む人気企業だからという、周囲の情報だけに、自己分析を丁寧にしていないと、仕事を見つけるときに影響されてしまうかもしれません。人生の目標も、自分の根っこにあるもの早い段階で発見し、仕事探しが見つけたものに従ってできるようになれば容易に見つけることができるでしょう。自己分析は一度やって終わるものではなく、何度も見直していくものです。自己分析において吟味するのは、どんなことにやりがいを感じてきたか、現在までに自分がしてきた成果をこれを機に振り返ります。同時進行で、多くの仕事探しに役立つ新情報があるのでどんどん入手しましょう。自分の中を掘りさげることも自己分析では大事ですが、1人の人間か持っている情報は限られています。さまざまな生き方をしている人の話や、他の職種の人の話を聞き、自己分析ではそのことについて自分がどう思ったかも振り返りましょう。新しい出会いや、自分の中の可能性を、情報を知る過程で発見する場合もあるでしょう。自己分析をしっかり行って仕事探しに活かしていきましょう。

 

ニートが就職するための支援を行っているのが転職エージェントです。正社員になりたい20代、30代が良く利用している無料で利用できるサイトとなります。詳しくはTOPページで確認できます。

20代ニートの就職支援

 


このページの先頭へ戻る