まずは面接のコツを把握しておこう

ニートやフリーターといった就職未経験者が正社員を目指す為には、色々なことを聞かれる面接を乗り越えなければいけません。これまで就職活動をしていなかった理由などを聞かれるので、志望動機と併せて考えておく必要があります。

 

日本では基本的に正社員でなければ職歴と見なされないので、空白期間の質問に対して十分に備えておくべきです。

 

空白期間の質問にうまく返答できれば、人事担当者に好印象を与えられます。
わざわざ面接を行ってくれる時点で採用意欲はあるので、明るくハキハキと返答しましょう。

 

ニートなどのまだ実績がない人間については、どれだけ成長してくれるのかという将来性をチェックします。
そのため、ニートであった事実を素直に認めて、これから真面目に頑張っていきたいと熱意をアピールするのが効果的です。

 

 

 

面接の時間は限られているので、空白期間の説明の中に志望動機も入れてしまうのがコツです。なぜこの会社を選んだのかという志望動機もしっかり説明することで、高い評価を得られます。その会社の商品に興味を持ったなどの理由を伝えれば、前向きな人材であると印象づけられます。

 

何もしていなかったニートであっても、正社員として就職できた事例は数多くあります。
中小企業を含めて地道に就職活動を続ければ、育てて使いたいと判断してくれる会社と出会えるので頑張りましょう。
最初はうまくいかなくても、場慣れしてくればスムーズにやり取りできるようになります。


このページの先頭へ戻る