もっとも重要なのは空白期間の説明の仕方

現代の日本社会には数多くのニートと呼ばれる人がいると考えられています。
ニートになる原因はそれぞれ多種多様であり、就職氷河期時代に学校を卒業したため働き口が見つからずニートになったという人や、学校を卒業した後一度は正社員として会社に就職したものの、会社に馴染むことができなかったり、体調を崩してしまったりして会社を辞めてニートになるケースなどが多く見受けられます。

 

そして現在の日本社会ではニートを脱却すべく努力を行っている人は大勢いますし、サポート体制も整いつつあります。
景気も上向きになりつつあるので、このなの流れに乗って正社員として就職を決めたいと考えている人は全国に大勢いると考えられます。

 

 

ニートが試験を受ける中で最も大きな難関となるのが面接試験です。
面接試験の中でも、必ずと言ってよいほど聞かれると考えられるのが学校を卒業した後、若しくは前の会社を辞めた後再び就職活動を開始するまでの空白期間についてです。

 

特にこの空白期間が長ければ長いほど説明を求められる可能性が高く、ここでしっかりと答えることができなければ試験をパスするのは難しいと考えられます。

 

 

空白期間の説明方法としては、自己啓発や資格の勉強などが妥当な答えであると考えられるでしょう。
自由な時間をいかに有意義に使ったかということ、決して無駄に過ごしたわけではないことを自分の言葉でしっかりと伝えることができれば問題はないでしょう。

 

嘘をつくことや、何も答えずに黙りこんでしまうようなことも避けましょう

 

 

 

 

合わせて読みたい記事

このページの先頭へ戻る